在日4世の康裕美選手 ロシア戦韓国代表に抜擢 W杯出場へ一歩

news

大韓サッカー協会は3月25日、2015カナダ女子ワールドカップ(6月)を準備中の韓国女子サッカー代表チームのロシアとの親善マッチ(5、8日)のメンバー23人を発表、在日同胞4世のMF、康裕美(24・華川KSPO)が選ばれた。

東京都出身の康裕美は在日大韓蹴球協会の「ムグンファ・ジュニアサッカー教室」を経て、高校から韓国にサッカー留学した。2010年女子U20W杯で3位となったときの韓国代表で、12年にプロ入りした。ユニバーシアードなど、何度か代表招集されたが、ひざの故障などで断念、久しぶりの代表復帰。5日に続いて8日ともスタメン出場し、勝利に貢献した。

Latest News

news

100回記念大会で監督だった真未有氏がiudaへ寄稿しました

昨年のソウルで開催された100回記念大会で監督だった真未有氏がiudaへ寄稿しました。 台湾リーグで在日コリアン初のプロ選手となった、文泰樹選手を紹介しています。 こちらの記事で紹介されて…
2020.10.14
news

東京23FC 2020シーズン新体制発表会

2020年2月2日に開催された関東リーグ1部に所属する東京23FC 2020シーズン新体制発表会に参席しました。昨年ソウルで開催された第100回全国体育大会で特別コーチだった土屋征夫氏が、2020シー …
2020.2.20

Follow us