在日4世の康裕美選手 ロシア戦韓国代表に抜擢 W杯出場へ一歩

news

大韓サッカー協会は3月25日、2015カナダ女子ワールドカップ(6月)を準備中の韓国女子サッカー代表チームのロシアとの親善マッチ(5、8日)のメンバー23人を発表、在日同胞4世のMF、康裕美(24・華川KSPO)が選ばれた。

東京都出身の康裕美は在日大韓蹴球協会の「ムグンファ・ジュニアサッカー教室」を経て、高校から韓国にサッカー留学した。2010年女子U20W杯で3位となったときの韓国代表で、12年にプロ入りした。ユニバーシアードなど、何度か代表招集されたが、ひざの故障などで断念、久しぶりの代表復帰。5日に続いて8日ともスタメン出場し、勝利に貢献した。

Latest News

news

農大OBチームとの親善試合を開催しました

7月27日(土) 、東京農業大学世田谷グラウンドにて、約4年ぶりの蹴球協会主催となる親善試合を開催いたしました。 東京農業大学サッカー部OBクラブマネージャーの秋吉氏、同OBであり当協会の…
2019.7.30
news

【選手募集のお知らせ】大韓民国全国体育大会(韓国国体)第100回記念大会

今年10月に行われる韓国国体がソウル市にて開催されます。本協会では、韓国国体に派遣する在日同胞選抜サッカーチームの選手(18名)を募集しております。 【募集期間】 2019年7月22日(月)~8…
2019.7.22

Follow us