在日4世の康裕美選手 ロシア戦韓国代表に抜擢 W杯出場へ一歩

news

大韓サッカー協会は3月25日、2015カナダ女子ワールドカップ(6月)を準備中の韓国女子サッカー代表チームのロシアとの親善マッチ(5、8日)のメンバー23人を発表、在日同胞4世のMF、康裕美(24・華川KSPO)が選ばれた。

東京都出身の康裕美は在日大韓蹴球協会の「ムグンファ・ジュニアサッカー教室」を経て、高校から韓国にサッカー留学した。2010年女子U20W杯で3位となったときの韓国代表で、12年にプロ入りした。ユニバーシアードなど、何度か代表招集されたが、ひざの故障などで断念、久しぶりの代表復帰。5日に続いて8日ともスタメン出場し、勝利に貢献した。

Latest News

news

前回に引き続き慎未有氏よりiudaへ寄稿がありました

今回は韓国国体参加者の尹鐘太(伊藤 鐘太)選手が、なんとK1リーグ大邱FCにて見事に先発出場を飾りました。 当協会ではこれからも尹鐘太選手、慎未有氏の更なる活躍を期待するとともにさらに多…
2020.12.18
news

2020年10月25日(日)、在日本大韓蹴球協会交流試合

当協会では、2020年10月25日(日)、赤羽スポーツの森公園にて、在日本大韓蹴球協会交流試合を行いました。 今回の試合は、コロナの影響により例年行われてる韓国での全国体育大会が中止となり…
2020.12.17

Follow us