在日本大韓蹴球協会が総会を開催 金英明会長を再選

news

在日本大韓蹴球協会(金英明会長)の2012年度定期総会が19日、韓国中央会館で開かれ、金英明会長を再選するとともに、オリニをはじめ青少年選手の発掘と育成、各種同胞サッカー大会の開催、韓国への優秀選手派遣、フットサルの本格取り組みなどを柱とする新年度活動方針を決めました。

特に、報告の中で、今月15日から開催中のAFCフットサル選手権(ドバイ)の韓国代表選手候補合宿に在日同胞2人を派遣、実力は認められたものの、国内選手優先などの傾向によって選抜は見送られたことが強調されました。ただ、再選された金会長も「大きな光は見えた。今後、優秀なフットサル選手を多く発掘し本国に推薦していきたい」と新たな決意を示していました。

総会には崔相英在日大韓体育会会長も参席し、活動支援金を伝達しました。

Latest News

news

大韓民国全国体育大会(韓国国体)第100回大会記念ユニフォーム制作のお知らせ

今年10月に行われる韓国国体(ソウル市開催)が第100回の節目を迎えます。そして、当協会では、第100回記念大会開催における優勝へのモチベーションアップのひとつとして「第100回大会記念ユニ…
2019.5.07
news

在日本大韓体育会 創立65周年記念式典 2020東京五輪出場予定選手激励会

2019年3月31日、東京・帝国ホテルにて、在日本大韓体育会創立65周年記念式典および2020東京五輪出場予定選手激励会が開催されました。 式典には、サッカー界からホン・ミョンボ氏(元韓国代表…
2019.4.17

Follow us