KFAJトップ > 協会について > 会長挨拶

理事挨拶

サッカー人であることに喜びと誇りを感じ、ともに感動を覚えたい。

サッカーを通じたすばらしい出会い、魅力あるチーム作りと活動めざす

この度、在日本大韓蹴球協会韓龍化会長の後任を受け、会長に就任しました金英明です。
私は、1981年の馬山で開催された全国体育大会の時、高校3年生で出場したのを期に、今日まで当協会の活動に参加し続けて参りました。

なぜ30年近くも活動を続けられたかと申しますと、やはり最初に韓国に行った時の印象が非常に強く、「サッカーをして母国へ行く」と言う事が、信じられないくらいの大きな出来事だったからだと思います。
この気持ちが有るからこそ、何とかして眠っている在日サッカーマンを発掘して、母国の地でボールを蹴らしたいと思うのです。

本会は、長年に渡り地域との交流・親睦も積極的に図って参りました。他の在外同胞との交流のために海外遠征をしたり、地域リーグに加盟したり、ジュニア世代からシニア・グランドシニアと非常に幅広い世代で、数多くの選手達が参加しています。

その中で新たなカテゴリーとして、2000年に「在日大韓蹴球団」が結成されました。
今までの交流・親睦の目的を超え、在日の優秀な選手に更なる上の道を与えられるよう、創設されました。
非常に大きな目標が加わり、大きな所帯となってきてはいますが、年々選手の発掘に苦労が増えてきているのも事実です。

在日大韓蹴球団をトップに、各カテゴリーに於いて、魅力的なチーム作り・活動をすることにより、選手の発掘を早急に推し進めなければなりません。

私自身が蹴球協会に携わり、緒先輩方に教えて頂いた事や、多くの素晴らしい出会い、何物にも変え難い経験を、次の世代まで継承すべく、努力をしてまいります。

今後も変らぬご支援・ご指導を賜りますようお願い致します。

2015年6月

在日本大韓蹴球協会 会長 金 英明(キム・ヨンミョン)

協会について

  • 理事挨拶
  • 理念
  • 組織図
  • 歴史
  • アクセス
  • 選手インタビュー
  • ヨロモロ蹴球談義
  • 大韓蹴球協会
  • 韓国観光情報 リンク集

ページトップへ